競技者の方へ

パフォーマンスを低下させる原因をそのままにしておいてよいですか?
 

近年のマラソンブームのためか、スポーツを再開される方が不調を訴え、来院されるケースが増えてきました。
また、そのご家族も競技レベルに関係なくお見えになるのですが、身体のバランスだけでなく、平衡感覚も崩れているため、自分のパフォーマンスを発揮できない方が多いように思います。
意外とも思われますが平衡感覚が崩れると、片足立ちになる瞬間(足を一歩踏み出そうとして片足をあげる瞬間) 、パフォーマンスを発揮するのではなく、身体のバランスを取る方に能力を使うため、どうしてもパフォーマンスを発揮できなくなってしまいます。
 
なにかちょっと変、何かは分からないけど違和感を感じる
 
競技レベルが上がると、上記のようなちょっとしたことが原因で、パフォーマンスが低下することが多いので、痛みはもちろん、少しの違和感でも、適切なケアをお勧めします。
 

コメント

2010年、大分で開院してから、特に産前産後の方に力を入れて臨床を重ねてきました。その中で、小さなお子様や旦那様など身近な家族や友人の不調も含めて診させてきました。
 
こちらにお見えになった当初は、身体の状態(痛みや痺れ)が中心なのですが、それらが改善した後も、本人の自覚がない平衡感覚能力の低下や、あまり意識していない身体のバランスが崩れている方が多く、施術を受け、平衡感覚や身体のバランスが整って、自分の本当のパフォーマンスを知ることになる方が多いようです。

痛みだけでなく、ちょっとした身体のバランスの崩れ原因で、様々な競技におけるフォームが崩れることもありますので、早い段階での施術をお勧めします。