Q:保険はききますか?

国民健康保険などの健康保険は、使えません。ただし、鍼灸は医療費の控除の対象になることもあるので御相談ください。
鍼灸に関しては、整形外科での診断書があれば、一部疾患(リウマチ・腰痛症・五十肩・頸腕症候群・頚椎捻挫後遺症)で健康保険を使える場合もあります。

Q:施術をあまり薦めない場合は?

慢性関節リウマチ・腰部脊柱管狭窄症・四十肩の初期は、あまりおすすめできません。
【慢性関節リウマチ】
特にカイロプラクティックに関しては、関節や筋肉への施術を行い、その結果、関節の脱臼などが起こる可能性がありますので、おすすめできません。
【腰部脊柱管狭窄症】
(本人の希望により行った)数十例の経験がありますが、「本当の」腰部脊柱管狭窄症の場合は、効果があまり期待できないと感じています。
※腰部脊柱管狭窄症と診断されても、脊柱管が狭くなったことが症状の原因でない場合は、改善することがあります。
【四十肩・五十肩の初期】
四十肩・五十肩は、施術して改善しても、それ以上に悪化すると考えてもらうと良いかもしれません。
例えば、特に初期段階では、施術して「2」良くなっても、「3」悪くなる感じです。
そのため、施術しても、良くならないと感じて、来院自体が辛くなるケースが多いので、あまりお薦めできません。
もし行うのであれば、
本来、半年くらいかけて、痛みのピークを迎え、半年かけて痛みが無くなっていくのであれば(一年ほどかかるのであれば)、その期間が短く、9ヶ月くらいにするのが目的になります。(多くの四十肩・五十肩は二年ほど掛かります)
かなり初期の場合は、四十肩・五十肩自体にならないように抑えることも可能ですし、痛みのピークを越えた後は効果的に働きやすいので、一度御相談ください。

Q:どの療法を薦めますか?

カイロプラクティックや鍼灸それぞれに、長所と短所があります。
さらに、それに加え、皆様の希望により療法を変えるため、万人にお薦めと言う療法はありません。
参考までに、それぞれの療法の長所と短所を挙げておきます。
 
カイロプラクティック
【短所】
・ピンポイントの痛みを取りにくい(筋肉にピンポイントで傷があり、痛みが出ている場合は、鍼の方が早いです。それ以外はカイロプラクティックでもあまり変わりありません)
・内臓系の症状を「狙って」の施術は難しい(背骨と内臓には関連があり、そこを治療すれば、変わると言う理論があるが、どう変わるかが狙えない)
・音が怖い人がいる
【長所】
・全体的な問題を取りやすい
・筋肉などのバランスを取りやすい
 
鍼灸
【短所】
・「鍼を刺すときに痛みを【必ず】消すことが出来ない」(※毛穴に刺さると痛みが出てしまい、その毛穴を確実に避けるのは難しいためです)
・鍼が怖い人がいる
【長所】
・内臓系の症状に対してアプローチできる。
・ピンポイントの痛みはかなり効果的
・急な痛みには、かなりの効果を発揮する

Q:何回くらいで改善しますか?

診てみないと分からないと言うのが率直な答です。
詳しく言うと、先生や療法との相性の良さ、さらにご自身の状態が関係しているためです。
これは友人知人との関係と同じだと思います。
ある人と会ったときに、初めてあったときから、すごく気があう人も居れば、全く合わないと感じる人も居ます。
何度か会ってみると、気があってきたりと。
これと同じで、1回目でかなりの効果が出てくることもある方もいれば、数回受けてみて、効果が出てくることもあります。

Q:椎間板ヘルニアと診断されましたが、良くなりますか?

整形外科などで、椎間板ヘルニアと診断されても、実際の症状とあまり関係がないことがあります。
例えば、目鼻顔立ちは、皆さんそれぞれ違いますよね?それと同じで、元々椎間板ヘルニアのような状態の方がいらっしゃいます。
また、レントゲンは、その時その瞬間にうつったもので、常にその状態(椎間板が出っ張っている)であるとは限りません。集合写真などで、眼を閉じていたり、開いていたりするのと同じです。
このような場合は、カイロプラクティックや鍼灸で改善が見られることがあります。

Q:顔の歪みは良くなりますか?

顔の「骨の歪み」は、良くなるのは難しいですが、他の事を注意することにより、目立たなくすることは可能でしょう。
元々、顔と頭の骨は繋がっていて、小さな骨が、かなり強く繋がっています。これは、脳を守るためです(余談ですが、我々が教わる解剖学を知ると、頭の骨の小さな骨を分けるには、手の力では出来ませんが分かります。それくらい強く結合しています。そのため、巷の顔の骨の歪みを治しますと言う整体やエステは・・・)。
出来ることとしては、カイロプラクティック治療により、首や顔周囲の筋肉のアンバランスを整えることが主な目的となります。また並行して、日常のクセを取り除くことと徐々に顔の歪みが整ってきます。

Q:腰の骨の変形があり、治らないと言われましたが、良くなりますか?

例えば、原因が骨の変形なら、高齢者は全員腰痛です。(厳密には、20歳代後半から変形が始まるので、高齢者でなくても)
個人で大きく異なるのは、腰やお腹の筋肉の状態です。アンバランスや筋力不足が考えられます。
そこで、その筋肉の本来の力を取り戻すことが重要です。
例えば、本当は凄く仕事が出来る人なのに、雑務に追われて、その能力が発揮できないとことがあります。
これは筋肉なども同じで、その実力を発揮するのに邪魔をするものがあることがあります。
その邪魔物を取り除き、(場合によっては)筋力を鍛えることにより、痛みが減少したりすることも期待できます。

Q:定期的なケアは必要ですか?

定期的に歯科医による歯石除去や口腔ケアを行っておくと、虫歯になりにくいのと同じで、定期的なケアは重要です。
一日3回ほどの食事でも2~3ヶ月毎に一度ですが、身体は寝ているとき以外の時間使っています。そのため、2~3週間に一度くらいのケアをしておくと良いでしょう。

Q:どのくらいの期間痛みや症状が続けば来院した方が良いですか?

痛みや症状が、3~4日ほど継続して同じ強さで続く。
あるいは、2日目でも、痛みや症状が強くなっているなど、状態が悪くなっていれば、自分自身で回復する能力を超えているので、受診された方が良いと思います。